34歳のとき、ツインソウルと出会いました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然ですが









彼が現れました。





10/23(日)の朝、いつものようにパソコンを開くと、

彼は再登録をしたようで、

共通のサイトを通して、彼からメールが届いていました。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

差出人   S


こんばんは。

S と言います。

  

以前、Y さんとお話させて頂いたことがあります。
覚えていらっしゃいますでしょうか。

ここには、まるで来なくなりましたが、
何となく覗きにきて、
Y さんと色々な話をしたこと、Y さんの笑顔があふれてきました。
あの時はたくさんの元気をもらっていたことを、

今更ながら感じています。

ネットの中ではありますが、Y さんにありがとうを言いたくなり、
メッセージしました。
ありがとうございました。

Y さん、お元気ですか。
体調はどうですか。

またいつかY さんと話が出来たなら、
幸せです。


           S

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------



突然のことで、とにかく驚きました。

名前を見た瞬間、彼だと信じられず、何度も確かめました。

そして、確かに彼なんだとわかったとき、とめどなく涙があふれてきました。

彼が戻ってきてくれたという嬉しさと、1人での学びが終わったのだという安堵で、

朝から号泣してしまいました。


涙がひいた後は現実のような感じがせず、高揚感や幸福感よりも浮遊感で一杯でした。

連絡がくるのはもっと先だと思っていたので、あんなに夢見ていた日が今なのかと、

ただただ信じられないの一言です。



そして少し落ち着いたら、あまりにも突然のことで心が混乱し、

現実をうまく受け止められず、戸惑いました。


『ある日突然私を振り、また突然現れた彼』


もちろん、すべてはツインソウルのプログラムだと理解しています。

でもそのときの私には、自分の都合で去って、心が変わってまたふらっと戻ってきたように

感じられ「もう1人でも幸せなのに、彼と関わったらこの平穏な心がまたかき乱されるのでは」と、彼に直面して、あのとき振られた怖さがよみがえってきました。


これまでずっと彼からの連絡を夢見ていたのに、それを支えにずっと頑張ってきたのに、

実際に連絡が来たら、こんな気持ちになるとは想像もしていませんでした。


そんな思いもよらない感情が襲ってきましたが、

今は、本当に彼が戻ってきたのだと実感しながら、落ち着いてこのブログを書いています。


約1年ぶりに来たメールは、

優しくて誠実な彼らしい内容でした。


まだメールの返事をしていないのですが、当初想像していたような余裕はなく、

突然の連絡で、彼が私の気持ちを探っている様子が伝わってくるので、

つい、こちらも緊張してしまいます(苦笑)


出会った頃のように、相手の気持ちを探る初々しい2人になっていて、

きっと彼は今頃、私から返事が来なくて少し不安になっていると思います(笑)


でも、彼よりも(?!)この分離期間を共に過ごしてくださったみなさんにお伝えしたくて、

先にここで報告させていただきました☆


ちょっと用事があるので、1週間程実家に行ってきます。


スポンサーサイト

☆みなさまへ

いつもこのブログを見に来てくださり、どうもありがとうございます。


ある日、突然「書いた方がいい」と言われ、ブログを始めて早8ヶ月。

当初は夢中で書いていて、書き進めるうちに私はある野望を持つようになりました。

それは彼と統合後に、このブログを派生させ『家族ブログ』を作ることでした。


当初はそんなことを考えていた私ですが、元々私は書くことより話す方が得意なので、

自分の文才のなさに、段々「やっぱり、私ブログとか向いてないなぁ」と思うようになり、

彼から連絡がきたら一連のまとめなどを書いて終わりにしよう、と決めていました。


そんな最近の私は、まだお話していなかったのですが、

1ヶ月後に実家に戻ることが決まっていて、来月からまた外での仕事が始まります。

(これについては別の記事でお話しようと思います)


そして、時々ひっそり他のツインソウルさん達のブログにおじゃまして、

「おお、今この人この段階なんだな」とか、

「そのブロック私もあったなぁ。。」などと、自分の歩みと重ね合わせて、

懐かしみながら読ませていただいています。


今と向き合い、もがきながらも、

一皮ずつ剥けて浄化し、魂が清らかになっていく姿はとても美しいですね。


神様はこんな風に美しさを感じながら、多くのツインソウルの成長を見守っているのかなと、

少しだけ神様の気持ちがわかるような。。。 


そしてどのブログも、みなさんとても文章が上手なので読み応えがあり、

こうして書いていて、いつも私は自分の文章力のなさに愕然としています(笑)


当初は夢中でブログを書いていた私ですが、

学びが進むにつれ、こなすのが精一杯でブログどころではなくなり、

それでもなぜか「書かないと」という変な使命感を勝手に感じたり、

「でも私、別にブロガーじゃないし」などと葛藤したり。。(笑)


そんなことを繰り返しながら、ここまでブログを続けてきました。



そんな沢山の思い出がつまったブログですが、

そろそろ、終わりが近づいてきたようです。


私の中で彼が変わる

これまでに見てきた「彼の写真」、「彼の姿が映っている動画」、「彼日記」

彼に振られてから、飽きることなく何度も何度も見てきました。


でも最近は、そのどれを見ても何も感情が沸いてきません。


これまでにも度々、写真に興味がなくなったことはありましたが、

彼日記は楽しく読めていたりと、3点すべてに関心がないというのはありませんでした。


ツインソウルの場合、不思議とメールなどを何度読んでも毎回新鮮に感じるので、

私もこれまでは何回読んでも新鮮でした。

でもそれらのすべてが、なぜか最近はお腹いっぱいになっているのです。


なんというか、ちょっと大袈裟かもしれませんが「飽きた」という感じでしょうか。


変だなと思い、その理由を考えてみたところ、

どうやら、私はもう『満足』しているようなのです。


飽きたというのはちょっと変な表現ですが、

これまでは自分の中の不足分を、彼との思い出で補っていたんですね。

でも自分が満たされたら、それらが「余分」に感じられるようになった。


ドラマなどを見ていて、自然と彼の姿と重ね合わせることはありますが、

それ以外は、ほとんど彼のことを思い出しません。

なのでこうしてブログを続けていますが、

今はもう、記事を書いている間だけ、彼との思い出をほじくり返している感じです。


自分がツインソウルだとわかり検索していたとき、いいところでブログを止めている方が

いらっしゃいましたが、先人達はこんな気持ちだったんですね。


そして以前は、彼の写真やブログを見て彼の感情を探ったり、

曲の歌詞から彼の感情を確かめていましたが、

最近は、彼の感情が直接心に伝わってきているような感じがします。

気のせいかもしれませんが。。


でも、今も時々彼のブログは見に行っています。

ただその目的が全く違っていて、

モヤの渦中にいたときは「今の彼の気持ちを知りたい」という切実なものでしたが、

今は、ツインソウルのサンプルとして「おじさんは今後どんな動きをするのか?」という興味で、

ネタ探し(?!)に見に行く感じです。


まだ統合前ですが、モヤを抜けたら全体像を完全に客観的に見られるようになっていて、

みなさんと同じように、私も第三者のような気持ちでおじさんの動向を見ているのです。


自分の恋愛なのに変ですね(笑)


ずっと前から、、

突然豹変した彼ですが、以前こんなことを言っていました。


これは、出会って3ヶ月目のことです。


私は、彼のことをずっと前からの知り合いのように感じていたので、

出会って3ヶ月というのが信じられず、

何気なく、彼に『まだ出会って3ヶ月しか経ってないんですね~!』と言うと、

彼が『へえ、まだ3ヶ月?!もっとずっと前から話してるような気がする。。』と言ったのです。


「もう少し前」ではなく、「もっとずっと前」


そして日記には、

『彼がそう言った瞬間、なぜか全身がざわっとして寒くなり、一瞬怖さを感じた』と、

書いてあります。


出会ったら、やっぱり男性もちゃんと感じるんですね。


そして「あの感覚は何なのだろう」と突きつめ、『ツインソウル』にたどり着く女性。

「そんな感じもあったな」と、気にも留めず忘れてしまう?多くの男性。



きっと再会したら、彼はこんなことを言うんだと思います。



『なんか、ひさしぶりの感じがしないですね!』


告白

前回の記事で『彼に対して心が穏やかになった』と書きましたが、

1つだけ違うことがありました。


それは、あの「最後にもらった彼からのメール」です。


今、久しぶりにそのメールを読み返してみたところ、

また怒りが沸いてきました(笑)


ちなみに彼に突然振られ驚き、あーだこーだやりとりをしたメールは3通あります。

その3通とも、読み返すといまだにイラっとします。


私がとても大切に感じていた彼との出会い、重ねた時間。

出会ってから毎日日記まで書いて、とてもピュアで健気な私。。


対して、

彼はそのすべてを否定し、一変して他人行儀な口調で、関係をばっさり切り捨てました。


このメールを読むと、一気にあの頃に引き戻されるようで、

何度読んでもイラっとします。



ちなみに私、これまでブログでは穏やかに書いていましたが、

辛かったサイレント期間中、彼のことを『すっとこどっこい』と呼んでいました(笑)


チェイサーにはいろいろな乗り越え方があるのだと思いますが、

私はランナーを踏み台にして乗り越えるタイプだったようで、

『こーの、すっとこどっこい!!』といつも思っていました。


はたして、統合前にはこのメールも心穏やかに読むことができているのでしょうか。



とりあえず、

おっさん、おーぼーえーとーけーよー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。